新ちゃん!!のきまぐれ

オッサンが日々のきまぐれを綴ります

西国三十三箇所巡礼

西国十七番札所 補陀洛山 六波羅蜜寺

満腹の腹を抱えて円山公園駐車場へ。東山通りを徒歩で15分ほどで、今日の目的地補陀洛山 六波羅蜜寺へ到着。

六波羅蜜寺正面

本堂正面の入口は閉鎖されてます。

六波羅蜜寺案内

六波羅蜜時

天暦5年(951)醍醐天皇第二皇子光勝空也上人により開創された西国第17番の札所。
当時京都に流行した悪疫退散のため、上人自ら十一面観音像を刻み、御仏を車に安置して市中を曵き回り、青竹を八葉の蓮片の如く割り茶を立て、中へ小梅干と結昆布を入れ仏前に献じた茶を病者に授け、歓喜踊躍しつつ念仏を唱えてついに病魔を鎮められたという。(現在も皇服茶として伝わり、正月三日間授与している)
現存する空也上人の祈願文によると、応和3年8月(963)諸方の名僧600名を請じ、金字大般若経を浄写、転読し、夜には五大文字を灯じ大萬灯会を行って諸堂の落慶供養を盛大に営んだ。これが当寺の起こりである。
上人没後、高弟の中信上人によりその規模増大し、荘厳華麗な天台別院として栄えた。平安後期、平忠盛が当寺内の塔頭に軍勢を止めてより、清盛・重盛に至り、広大な境域内には権勢を誇る平家一門の邸館が栄え、その数5200余りに及んだ。寿永2年(1183)平家没落の時兵火を受け、諸堂は類焼し、独り本堂のみ焼失を免れた。
源平両氏の興亡、北条・足利と続く時代の兵火の中心ともなった当寺はその変遷も甚だしいが、源頼朝、足利義詮による再興修復をはじめ火災に遭うたびに修復され、豊臣秀吉もまた大仏建立の際、本堂を補修し現在の向拝を附設、寺領70石を安堵した。徳川代々将軍も朱印を加えられた。
現本堂は貞治2年(1363)の修営であり、明治以降荒廃していたが、昭和44年(1969)開創1,000年を記念して解体修理が行われ、丹の色も鮮やかに絢爛と当時の姿をしのばせている。

本堂をお参りし、御朱印を戴くために列へ。2列になっていたので右側に並んだのですが、どうも様子が違うので左側へ並び直しました。なにやらこの列も様子が違う。最前列の方が御朱印を戴いても次の方が窓口まで進まないのです。まさか・・・そうなんです、立ち止まってる一団の後ろに並んでいたのです
そそくさと窓口へ向かい、無事の御朱印を戴きました。その後、境内を散策してみました。
六波羅蜜寺本堂
六波羅蜜寺本堂②
六波羅蜜寺 一願石

ひとつの願い事を、祈りを込めながら金文字から手前に3回まわすと、願い事をかなえてくれる一願石という不思議な石があります。早速回して見ましたが、相方が途中で止めて自分で回し始めてしまったので、私の願いは叶わないでしょう・・・・ そう言えば、本堂のお参りの際も、ご縁がありますようにと5円玉をお賽銭にしたのですが、奴は便乗してましたね。

さて、次の目的地へ向かいましょう

重くとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

西国第十四番札所 長等山 園城寺(三井寺)

伝説の三屋台に数えられる岩倉のラーメンの山さんラーメンを後に。時間がまだあるので、西国第十四番札所 園城寺(三井寺)へ。正式には長等山 園城寺(おんじょうじ)といい、天台寺門宗の総本山。
三井寺は7世紀に大友氏の氏寺として草創され、9世紀に唐から帰国した留学僧円珍(天台寺門宗宗祖)によって再興された。
三井寺は平安時代以降、皇室、貴族、武家などの幅広い信仰を集めて栄えたが、10世紀頃から比叡山延暦寺との対立抗争が激化し、比叡山の宗徒によって三井寺が焼き討ちされることが史上度々あった。近世には豊臣秀吉によって寺領を没収されて廃寺同然となったこともあるが、こうした歴史上の苦難を乗り越えてその都度再興されてきたことから、三井寺は「不死鳥の寺」と称されている。

三井寺①

御朱印を頂きに先ずは釈迦堂へ。
御朱印を頂いている間に「西国第十四番札所は観音堂へ」の表示が・・・
先に気づけよって
でそそくさと観音堂へ境内を観ることなくダッシュ観音堂へ向かう途中で下がったテンションに追い討ちが・・・
微妙寺って・・・

微妙寺①微妙寺③

更に下がったテンションのまま観音堂へ。

観音堂②

無事に御朱印を頂きまして下山することと相成りました。

いで入るや 波間の月を 三井寺の 鐘のひびきに あくる湖

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

西国第十三番札所 大本山 石山寺

本日は西国三十三箇所巡礼を始めた相方と石山寺へ。「石山寺縁起」によれば、聖武天皇の発願により、天平19年(747年)、良弁(ろうべん、東大寺開山・別当)が聖徳太子の念持仏であった如意輪観音をこの地に祀ったのがはじまりとされている。
石山寺③

建久元年(1190年)に源頼朝の寄進により建てられたとされ、その後、慶長年間に大修理が行われています。

早速札所を目指して本堂へ。

石山寺②


本堂は撮影禁止なので画像はありませんのであしからず。

朱印を頂いた後、少し散策を。

紫式部縁の地と言うことで
紫式部

順路の案内に「滝」と言う文字を発見。期待して行くと

甘露の滝②

ナンじゃっこりゃ・・・期待が大き過ぎました

で金堂。

金堂①

大変厳かな雰囲気でありました。

後の世を 願うこころは かろくとも ほとけの誓い おもき石山

その後、遅めの昼飯喰いに守山へそそくさと移動するのでした

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

西国十八番札所 紫雲山 頂法寺(六角堂)

今日から西国三十三箇所巡礼はじめた相方と六角堂へ。正式には、紫雲山 頂法寺という。

六角堂 入口

587年(用明天皇即位2年)、聖徳太子が創建と伝わる古刹で、西国三十三カ所第18番札所。この地は、太子沐浴の池の跡といわれ、池のほとりに小野妹子が開いた坊があったことから池坊と呼ばれている。頂法寺の本尊は太子の護持仏と伝わるわずか1寸8分(約5.5cm)の如意輪観音菩薩。平安時代から霊験あらたかなる逸話が残されている。寺伝では、親鸞上人も毎夜比叡山から本堂に百日参籠を行ない、95日目に本尊のお告げがあり浄土真宗を開いたという。寺が通称六角堂と呼ばれるのは、本堂が六角形をしていることから。これは聖徳太子の創建時から変わらないという。度重なる火事に遭い、現在の建物は明治5年に再建されたもの。また華道、池坊の発祥の地(生け花発祥の地)でもあり、代々住職は池坊家が務め、1月5日には「初生け式」が行なわれる。

六角堂 本堂②

早速、手水鉢でお清めして本堂をお参りしましょう。

六角堂 本堂④

お参りを済ませて境内を散策。ビルに囲まれた都会の中なのでさほど広くは無い境内。
聖徳太子が創建と伝わるだけに、二歳の聖徳太子像をお祭りした安置した太子堂。

六角堂 太子堂

池の看板には「噛みます」と注意書きが

六角堂 十六羅漢

その昔、平安京の中心であったとされるへそ石。

六角堂 へそ石

このへそ石にはこんな云われがある。桓武天皇平安遷都の際、六角堂がどうしても中心になってしまい、道が通せない。そこで天皇が遷座を祈願すると、不思議なことに、六角堂は一晩でへそ石を残し北へずれてくれたとのことだ。その際、空は一面紫色の雲に覆われたことから、「紫雲山」と名付けられた。
現在へそ石は、もとあった六角通より境内に移されている。

近くにあるビル最上階から六角堂の屋根が見渡せる。真上から見るとハッキリと本堂が六角形になっているのが判る。

六角堂 本堂屋根

『わが思う心のうちは六(むつ)つの角ただ円(まろ)かれと祈るなりけり』

さてと、ちょっと早いけど晩飯喰って帰りますか

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 
プロフィール

新ちゃん!!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ