新ちゃん!!のきまぐれ

オッサンが日々のきまぐれを綴ります

寺町ランチ

長期ロード第二弾 その拾弐

ローカルの買い物に付き合って、昼飯喰いに。人の多い新京極通を逸れて寺町通りへ、洋食と和食の2択にしたら、和食って言ううんで行ってみました。

外観

3年ぶりの再訪です、さっそく店内へ入りましょ。昔ながらのそば屋というか定食屋のまま時間が停まってます。エアコンは利いてなく扇風機が首振ってました。

英語メニュー
中国語メニュー

近年は外国からの観光客が多いのか、英語と中国語のメニューが増えてました。チョーさんはビフカツ丼でタンさんは和風定食、私はビフカツ定食いっときました。

ビフカツ定食

4切れのビフカツとだしまき、カレー味のペンネの付合せです。ビフカツは厚みもそこそこあって、食べ応えはありますね。見た目以上にお腹いっぱいで大満足でした。よく考えてみたら、表の看板には”生そば”って謳ってるのにもかかわらず、そば喰った事無かったわ・・・

よろしければ、ポチッと押してやってください恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

INDIAN RESTAURANT ELLORA

日曜日、緒奈さんに渡すお土産を買いに市内へ。新京極にある「箸ギャラリー門 小夏」へ向かいました。店内には全国のお箸が取り揃えられてました。緒奈さんには干支箸からウサギを選択し、金文字で名前を入れてもらいました。因みに緒奈さんの干支は全く知りません・・・ 完成するまで2Fのギャラリーで京焼コーナーを見て廻り、お箸を受け取って昼飯喰いに。

住所:京都市中京区新京極通三条下る桜之町406-3
TEL:075-252-1284
営業時間:10:00~20:00(平日、日曜日) 10:00~21:00(土曜日、最終日を除く連休期間)
定休日:無休
オフィシャルページ:http://www.hashi-gallery-mon.jp/

向かった先は、寺町にある『INDIAN RESTAURANT ELLORA』 

外観

地下にあるお店で、階段下りてる途中にお店の人と目がおおてもうた 

ランチメニュー

ランチメニューからタージランチいっといた。先ずはサラダに人参とトマトのスープ。

サラダ&人参とトマトのスープ
スープのポット

ドレッシングは定番、スープはスパイシーさが後から来るけど度は過ぎてない。ポットでサーブされてくるのはポイント高いわ。いつまでも飲んでたいと思うのは、俺だけではないはず。

タージランチ①

カレーはバターマトンマサラとバターチキンマサラの辛さ2倍にしてみた。ナンの大きさもさることながら、タンドリーチキンが1レッグなんにはビックリやった。辛さ2倍にしたものの、思ったほど辛さは感じひんわ。逆にタンドリーチキンの方が辛いくらい。いつもならナンをお代わりするねんけど、1レッグがじわじわ効いてきたんで断念。ラッシーで時々リセットしながらいただきましたが、大満足のランチでした

住所:京都府京都市中京区寺町通り四条上ル中之町548-5 B1
TEL:075-255-1667
営業時間:11:00~16:00(L.O.15:00) 16:00~23:30(L.O.22:30)
定休日:無休

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

エローラ (ELLORA)

今日はバーゲンに出かけるという相方とお袋さんを伊勢丹まで送って帰宅。年始一発目の洗濯をしながら、のんびりと朝風呂を堪能。BlogをまとめてUPしてから昼飯へ出かけようと思ってましたが、気が付けば既に2時・・・ 中途半端な時間なんでサンドウィッチを摘まんで続きを書いていると、4時前に相方が帰宅。思ってたモンが無くって戦利品は無しとか。昼飯は『エローラ (ELLORA)』さんで喰ったというんで、詳細を聞いてみると新しく出来た店だといいます。ググってみると、「インド五つ星ホテル勤務の インド人シェフのレシピで作る本格インド料理の店がOPEN!!!」と。「インド料理&バー アジャンタ 京都店」でクーポン貰って云々の記述もありましたんで関係してるのかもね。

エローラ (ELLORA)メニュー

ムンバイランチを喰ったらしいですが、ボリュームあってカレーも旨かったとか。その時間帯だけ呼んでくれれば良かったのに・・・ ってことで、近日中に突撃してきます 

住所:京都府京都市中京区寺町通り四条上ル中之町548-5 B1
TEL:075-255-1667
営業時間:11:00~16:00(L.O.15:00) 16:00~23:30(L.O.22:30)
定休日:無休

http://patola.jp/search/detail/id-1205.html

因みに店名のエローラとは、インドのマハーラーシュトラ州、アウランガーバードから30Kmほど離れた村の名前で、世界的に有名なエローラ石窟寺院群に由来するものだと思われます。1983年にユネスコ世界遺産に登録されています。

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

生そば 常盤

タカシマヤでお買い物してから、寺町で昼飯。前を通るたびに写真付きメニューがベタベタ貼ってる外観が興味深々。ついに突撃してきました 

外観

店内へ入ると、これまたいたるところにベタベタとメニューが 

店内2
店内1

メニュー多すぎて何を喰ったらええのか悩みまくりです

メニュー

結局、相方が和風定食、私がカツカレーライスをお願いしました。お客さんが3組くらいいたはりましたんで、少ししてから相方の和風定食が登場。

和風定食

旅館の朝ごはんみたいな感じですね。赤だし旨そうやん 遅れること少しでカツカレーライス登場。

カツカレーライス

カツになんかのソースがかかってって変わっとる さっそくカレーをいただきます。家で作る昔ながらのカレーの感じやね、懐かしい味です。カツを一口、おっとトンカツではなくビフカツやね 結構ボリュームありますわ。ここで相方がご飯投入しやがりました 喰う前からご飯多いってゆうとったな。しかもかなりな量を、結局振り出しに戻ったくらいの感じ・・・ 何とか喰いきりましたが、お腹がはちきれそうです ご馳走さんでした。しかし、生そばって書いてあるのに2人ともそば喰ってませんやん

創業明治11年、寺町三条で善哉屋からはじめて120年余りの老舗。今は四代目さんが伝統の味を守り続けてるとか。

住所:京都市中京区寺町三条上ル東側
TEL:075-231-4517
営業時間:11:00~20:00
定休日:水曜日

http://www.geocities.jp/masamasa1974/tokiwa.html

よろしければ、ポチッと押してやってください
↓↓↓


インド料理&バー アジャンタ 京都店

西国三十三箇所巡礼京都編。目的地へ行く前に腹ごしらえしに『インド料理&バー アジャンタ 京都店』さんへ。二度目の訪問です。

アジャンタ外観②

うわっ、並んでるやん 普通なら諦めて違う店に行くのですが、1組だけだったんで並びましょう
店内から店員さんが出てきて「お二人ですか?どうぞ中へ」って案内されて一番でかいテーブルで合席に。
さて、今日はなに喰おうっかな。

アジャンタメニュー

前回と同様でBランチで、マトンとバーターチキンのカレーをナンでオーダー。程なくスープとサラダが運ばれてきました。

アジャンタ スープとサラダ1

ニンジンとトマトのスープはスパイシーで旨いんです しかし、このスープポット欲しいわぁ
暫くすると、「席変わっていただけませんか?」と店員さんが。そう言えば、前回も同じ様に言われたよな
って事で前と同じ入口の2人テーブル席へチェンジ。指定席かよっ

アジャンタBランチ②

来ました、Bランチ。タンドリーチキンデカイ  先ずはマトンから戴きます。うぉーースパイシーで旨い。続いてバターチキンを戴きます。マトンがスパイシーなんでバターチキンはマイルドで甘めに感じますが、しっかりスパイスは利いてます。タンドリーチキンは喰い応え抜群。ジューシーで柔らかです。バターナンは表面パリパリ、中モッチリ、少し釜の焦げもあって香ばしく、カレーとの相性は抜群。
普通に喰うとカレーが余ります。ナンはお代わり自由なんで追加をお願いし、相方と半分こ。危うく一人一枚追加になるところでした あーー喰った喰った 私はここがが京都で一番旨いインドカレーのお店だと思っています。因みにスタッフは全員インドの方々です。

ではでは目的地へ移動しましょう

住所:京都市下京区寺町通高辻下ル京極町515-4
TEL:075-352-1427
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:無休

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26000970/

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 
プロフィール

新ちゃん!!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ