木曜日も研磨作業に明け暮れましたが、早出の妹2号と合流して新規開拓へ。とあるラーメンブログで気になった、5月にOpenした麺処 楠へ。

外観①

ここってお前は好み焼き屋が有ったところやね、移転した後に居抜きで入ったんでしょうかね。

menu

多少改装されてるようですね、menuから塩拉麺(大)特濃胡麻白麺(並)焼売四種盛り×2いっといた。

塩拉麺(大)
特濃胡麻白麺(並)

先ずはラーメンがサーブ、焼売はオーダーが入ってから蒸し上げるんで後からだそうです。

塩拉麺(大)②

スープは名古屋コーチン丸鶏と近江シャモの鶏ガラから炊き上げたクリアなスープ、塩分が強すぎて鶏の旨みをスポイルしてる感じがします。麺は透明感のあるツルツルとした食感、茹で加減もデフォルトでも上々ですね。低温調理のレア系のチャーシューは肩ロース、柔らかで肉感を堪能できます。妹2号の特濃胡麻白麺は、濃厚な胡麻の風味ですがアッサリ感がエエ感じやゆうてました。

焼売四種盛り

焼売四種盛りが遅れてサーブ、楠/海老/烏賊野菜/肉の四種。楠焼売は海老と豚肉に干し椎茸、椎茸の香りが香ります。海老焼売はプリップリの食感がステキです 烏賊/オクラ/タケノコ/鶏肉の烏賊野菜焼売、サッパリですがブラックペッパーが隠し味。オーソドックスな肉焼売は、肉汁タップリ。すっかりお腹いっぱいになってしまいました

Openして4ヶ月、塩分濃度については今後の進化に期待しましょ ごちそうさん。

よろしければ、ポチッと押してやってください
恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓