建国記念日の木曜日、ゆっくり起きだして朝風呂で疲れを癒します。”久しぶりに朽木へ蕎麦食べに行かへん?”って言うんで『くつきそば 永昌庵』へ出かけてみました。いつもなら大原から途中越えして行くんですが、ショコラのNaviは山科を抜けて行けと言いやがります。その通りに進むと、予想通り湖西道路で渋滞 途中から鯖街道へ入ると、除雪された雪が路肩に結構溜まってます。おおよそ2時間弱でお店へ到着、満車の駐車スペースから、ちょうど1台出て行くところでラッキーでした。

外観

店内はほぼ満席ですが、日ごろの行いが良いのでテーブル席へ。こちらはご飯モノが無いので、蕎麦の大盛ができるか聞いてみましたが無いとの事。仕方ないのでざるいっときました。

ざる②

太めの田舎蕎麦にシンプルな薬味、毎度のことながら蕎麦のみからスタート。水切り甘めですが、歯応えのある食感は素敵やね。辛めに感じる出汁は変わって無いようですね、喉越しは仄かに甘みが残ります。残念ながらネギは切りたてではないようですね、嫌な香りが出てしまってます。量が少なく感じるのは見た目だけ、じっくり味わってると程々腹に溜まってくるんですね。〆は蕎麦湯ですが、一緒にサーブされてきたんで熱々ではありません。お出汁を蕎麦湯にすると、甘みが増してくるのは不思議かも。割りと醤油が主張していたのが嘘のように変化します。お腹一杯にはなりませんが、満足できる変わらぬお味でした。

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓