ニンニク臭いんで目が覚めた月曜日。朝飯喰って畑へ出かけようと相方の新しい相棒へ。

he22s

エンジン掛けてスタートしようとすると、シフトロックが解除できませんがな メーターパネルには、昨日は無かった”トランスミッション異常”のチェックランプが点灯。Navi付けた後は動かしてないんで、原因を疑ってバラシて元に戻してみましたが症状は変わらず。シフトロック解除ボタンでミッションは入れられるんで、とりあえず走行は出来そう。販売店は、自走して万が一の事があると困ると言うんで、ロードサービス手配して持ち込むことに。総走行距離56kmで、積車に載せて運ばれていきました。5時間後、販売店から連絡がありました。聞けば、リバース系統のヒューズが切れてた模様。ヒューズ切れてだけでシフトロックが解除できなくなるんやろか・・・ ましてや、エアコンも動かなくなるなんてねぇ・・・ 疑ってましたが、近くのサービス店へ引取りに行って聞いてみました。CVTの動作にはリバースセンサーも関係してるらしく、各センサーはリンクシステムで監視してて複合的に不具合が出るんやて。リンクシステムってアッパーミドルクラス以上にしか採用されてへんと思ってたけど、今は軽でも使ってるのね。疑惑は晴れて、エエ勉強になったわ 結局は取付けの際にヒューズ飛ばしたんが原因で、今日の予定の殆どを吹っ飛ばしたもうたって訳やね・・・ 

低背ヒューズ

速攻、自動後退'sでヒューズ買っときました

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓