天気予報がハズレ!?て日が差してるんで出かけましょう。京都マラソン開催で市内は交通規制だらけ。避けるように迂回しましたが、河原町通から五条通へ抜けましたが全くの渋滞なし。みんな警戒して車での外出を控えたんでしょう。ナビどおりに車を進めますが、行き止まりのような住宅街の途中で音声案内が終了。地図を広域にして目的地を探します。広域にすると元慶寺は華山寺の奥側にあるようですが、駐車出来るような場所は見当たりません。仕方ないので花山中学校前の少し広めの道路へ駐車し、相方だけを送り出し待機。なかなか戻ってこないので迷ってるんやろかと「境内の写真撮っといて」とMailすると直ぐに「既に撮ったよ」って返信が。程なく戻ってきたので話を聞くと「2、3組の人が御朱印貰いに来てたわ」と。こんな判りにくいところで、しかも番外札所なのに。ってことで↓の写真は相方撮影のものです。


元慶寺3
元慶寺2
元慶寺1

藤原高子の発願により建立。僧正遍昭を開基とし、元慶元年(877年)に建立された。西国三十三箇所霊場の番外札所である。本尊は薬師如来。

寛和2年(986年)、花山天皇がこの寺で藤原兼家、道兼父子の策略により出家させられ、兼家の外孫である懐仁親王(一条天皇)が帝位についた(寛和の変)。花山寺とも呼ばれ、大鏡では花山寺と記述されている。

『待てといわばいともかしこし花山(はなやま)にしばしと啼(な)かん鳥の音もがな』

さて昼飯何処にしましょかね?

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓