日曜日、いつも通り起きて目的地へ。山崎駅って降り立ったこと無いのよね。踏切を渡って山崎聖天さんの方へ登って行きます。暫く登って右へ逸れた先に、『アサヒビール 大山崎山荘美術館』はあります。そもそも、山崎ってサントリー山崎蒸留所が有名で、まさかアサヒビールの関連施設が有るとは思っても見ませんでした。

琅玕洞

琅玕洞を潜って本館を目指しますが、アプローチまでが結構急な坂で既にへばってます 送迎バスも有ったようですが、知り得る筈も無かったんでね・・・ 紅葉してるんですが、早いのか遅いのかが判らない状況、チョッとくすんでるようにも見えます。

1

途中のレストハウス横は、紅と緑のコントラストが綺麗です。

レストハウス

本館前は撮影スポットのようで、なかなか人がはけて行きません。

美術館本館⑤

入口横には小さな石像がお出迎えしてくれてます。

石像のお出迎え

それではエントランスから美術館へ入りましょう。

美術館本館エントランス

つづく・・・

住所:京都府乙訓郡大山崎町銭原5-3
TEL:075-957-3123(総合案内)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)年末年始、臨時休館日
入館料:一般 ¥900(¥800)、高・大学生 ¥500(¥400)、中学生以下無料
身障者手帳をお持ちの方 ¥300 ( )は20名以上の団体料金
オフィシャルページ: http://www.asahibeer-oyamazaki.com/

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓