朝からお掃除をし、大汗かいて風呂に入ってから出かけました。相方がどうしても観たいと、TOHOシネマズ 二条へ。2004年のスマトラ島沖地震による津波に巻き込まれたスペイン人一家の実話を基にした『The Impossible』を観てきました。

Lo Imposible

あらすじ
2004年末。マリア(ナオミ・ワッツ)とヘンリー(ユアン・マクレガー)の夫婦は3人の息子を連れタイへバカンスに出かけ、リゾートを楽しんでいた。しかしクリスマスの翌日、突如大災害に見舞われる。楽しい思い出になるはずの場所が一転、悲惨な状況に変貌したのだ。そんな中、離ればなれになった家族は、必ず再会できると信じ、それぞれの一歩を踏み出し始める…

実話を基にした映画ということですが、そんなに期待もせずに観始めました。後半、被災してからの長男ルーカスの成長、感動の家族の再会に喰い入る様に観てしまってました。キャンプで運良く、家族全員が無事に再会を果たしましたが、保険会社Zurichの手配でシンガポールへ脱出するシーンは如何なものかと感じてしまいます。全体的に良く出来たストーリーに仕上がってます。結構お奨めの映画だと思いますよ。

オフィシャルサイト:http://gacchi.jp/movies/impossible/

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓