青山本社での緊急記者会見で発表されましたね。2015年からマクラーレンへエンジン供給という形での復活。ホンダ がエンジン及びエネルギー回生システムを開発・製造・供給、マクラーレンは車体の開発・製造及びチーム運営を担当し、マクラーレン ホンダ(マクラーレン・ホンダ)として活動。2014年より、1.6リッターV型6気筒直噴過給エンジンに加え、エネルギー回生システムが採用されるなど、エンジンのダウンサイジング化をはじめとした環境技術が導入。純国産チームとしてでの参戦ではないのが残念ですが、伝説のF1パイロット、アイルトン・セナを擁した黄金時代が蘇りますね。

MP4/6
MP4_6

MP4/7A
MP4_7A

全盛期には16戦中15勝した1.5リッターターボエンジンの末裔は、いったいどんな活躍をしてくれるのでしょか・・・

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓