新ちゃん!!のきまぐれ

オッサンが日々のきまぐれを綴ります

西国二十番札所 西山 善峰寺

今日はお天気もほどほどなんで、近くの西国二十番札所 西山 善峰寺へ。小学校の遠足以来、ほんま久しぶり。境内下に立派な駐車場ができててビックリ早速向かいます。

『善峯寺縁起絵巻』等によれば、長元2年(1029年)、源信の弟子にあたる源算が創建したという。その後、長元7年(1034年)には後一条天皇から「良峯寺」の寺号を賜った。鎌倉時代初期には慈円が住したことがあり、このころ後鳥羽上皇直筆の寺額を賜ったことによって寺号が善峯寺と改められた。青蓮院から多くの法親王が入山したため「西山門跡」と呼ばれた。応仁の乱に巻き込まれて伽藍が消失したのち、江戸時代になってから桂昌院の寄進によって再興された。


善峰寺15

こんなに立派な山門やったっけ 遥か昔の記憶しかありません・・・ 本堂へ向かいます。

善峰寺6

手水鉢でお清めして本堂へお参りに行きます。またもや奴はお賽銭便乗・・・
本堂脇の社務所へ御朱印戴きに参ります。ちょっとした行列ができてました。

お昼まで時間が有りますので境内を散策。案内図の通りに廻るんですが、およそ40分の行程。

善峰寺7

天然記念物の「遊龍の松」 齢約600年以上の五葉松で龍が遊んでいる様な全長40数mにも及ぶ。日本一の松と人口に膾炙(かいしゃ)されている。

善峰寺8

幸福地蔵脇から望む京都市内。京都タワーまで綺麗に見えてました。

善峰寺9

釈迦堂。神経痛・腰痛に効能があると知られる薬湯風呂が脇にある。平成20年まで年2回、5と10月の第二日曜日には随時入浴できたようである。

善峰寺10

奥の院を過ぎたところにある池は凍ってましたよ因みに厚さは5mm程度。
つーか、雪振ってきたやん

善峰寺12

経堂と多宝塔。さて昼飯喰いに北へ向かいますか。


善峰寺14

『野をもすぎ 山路にむかふ 雨の空 善峯よりも 晴るる夕立』


道中、長岡天神駅前を通ったのですが、以前紹介した京ホルモン こころ焦がれが火事でブルーシートで覆われててビックリ。何があったんでしょうか???
http://blog.livedoor.jp/hideo6581/archives/2869841.html

ぐるなびで検索したら「お探しのページは現在準備中です。」とお店の情報は無くなってました。
妹一号に聞いてみますと、今週火事になったと言っておりました。

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

炭火やきとり こっこや その弐

またもやこっこやさんで晩飯戴きました^^ ここの焼き鳥は、朝引きの手刺し。大将が1本1本丁寧に焼いてくれます。ちょっと強面ですが・・・ リーズナブルでとっても旨いんです。今晩も定番で

えんがわ(塩)@¥140
なんこつ(塩)@¥140
銀皮(塩)@¥120 今日は銀皮ありました
せせり(塩)@¥140
上ずり(塩)@¥120
ハート黒こしょう焼@¥140
手羽先(塩)@¥160
銀皮(塩)@¥120(おかわりです)めっさ旨いっす
上きも(タレ)@¥120
鳥ホルモン(タレ)@¥160
鳥スープ@¥100
アルコール今晩は少々かな

黒板に本日のお勧め「ベーコンとアスパラのピザ」ってーのがあって、気になったんですがお腹一杯で諦めました

しかし、焼き鳥の絶妙な火の入れ方。大将の職人技が光りますわぁ

ご馳走さんでしたぁ~ 帰り際に大将が「いつもありがとうございます」と言ってくれました^^ 覚えてもうて嬉いっすわ

住所:京都府長岡京市開田2-7-26
TEL:075-954-4989
営業時間:17:00~24:00(L.O 23:30)
定休日:日曜日

地図:http://r.gnavi.co.jp/ka1w000/map/

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

インドレストラン ショナルパ

気なるお店ををリサーチしてランチしに高速飛ばして三ノ宮へ。ちょっとインド料理ハマッってたので、超有名店の『インドレストラン ショナルパ』さんへ。市営駐車場へぶち込んでお店へ向かいます。予約もせず、飛び込みでしたんで入口で少し待ちます。

ショナルパ 入口

暫く待って店内に案内されました。しかし女子率高いなぁ。オッサンにはちと恥ずかしい 目的のメニューはビリヤニランチ マトン・野菜・チキンから1種選選ぶんです、間髪入れず、当然マトンを選択。早速オーダーしましょう 程なくスープが運ばれてきました。定番のトマトベースのスープです。

ショナルパ ビリヤニランチスープ

これがまた旨いんですよ。最初はトマトの酸味が爽やかな印象ですが、後からじわじわっとスパイスの辛味が押し寄せてきます。決してスパイスが主張するわけではなく、上手くバランスが取れています。
そして主役のビリヤニが登場!大きなマトンの塊がごろごろと入っててボリューム満点。グレービーとパパドゥがついてきます。

ショナルパ ビリヤニランチ

最上級のインディカ米バスモッティを使ったお料理を戴くのは初めて。長粒種のお米はパサパサしたイメージだったのですが、しっとりとした感じ。香辛料の香りと旨みがしっかり滲み込んでいます。マトンは全く臭みも無く、柔らかい。グレービーソースをかけて戴くと味にに変化が出て二度楽しめます。結構なボリュームなんでお腹一杯になりました。ラッシーで口の中をリセットして、散策へ出かけましょう

住所:神戸市中央区下山手通2-2-9 ライトハウス3F
TEL:078-322-0252
営業時間:11:30~14:00(L.O) 17:30~21:30(L.O)
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)

http://www.kcc.zaq.ne.jp/sonarupa/top.html

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

手打蕎麦 藤芳

北白川疎水沿いへランチに向かいます。駐車場が無いので路駐って訳にもいきませんので、近くのコインパーキングへ。そこから5分もかかりませんからね。

藤芳外観

何回目かな。店内は4人掛けテーブル4つと小上がり3つ。いつものまんぷくランチを麺とご飯逆転で温で。いつもは冷なんですけどね。

藤芳メニュー

たまにガラス張りのところで大将が蕎麦打ってます。客層は常連さんと観光客といったところかな。

藤芳まんぷくランチ温

天丼は海老1、野菜3の天婦羅が載ってます。丼汁は少し甘めで、少な目にかかってます。
温かい蕎麦は透き通った綺麗な出汁。鰹が少し強めかな。蕎麦は二八で少し細めですが、茹で加減も絶妙。
喉越し良く、つるっと戴けます 個人的には柚子は要らんかな・・・
小鉢の昆布と豆の炊いたんもやさしい甘さです。さて、漬物が癖もん ビックリするくらい塩っぱい
でも、何故か止められなくなるんですね、これが。飯もんに絶妙に合うんです
最後に蕎麦湯が運ばれてきます。たまに忘れられますが・・・

婆ちゃんはいつ来ても「どこからですか?」って聞きます。そんなに印象薄いかなぁ・・・決まって「ブログ始めましたねん」とチラシくれます いつか覚えてもらおう

住所:京都市左京区北白川東平井町27-3
TEL:075-711-2817
営業時間:11:30~21:00
定休日:水曜祝日の場合は翌日休、年始休

http://rp.gnavi.co.jp/3116912/

大将のブログ:http://blog.livedoor.jp/sobayafujiyosi/

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

桂華ラーメン

いつぞやの熊本出張。大雨でリレーつばめが遅れて、21時過ぎてからα1八代へチェックイン。
一人なんで、晩飯どうしようかって考えながらアーケード街へ。居酒屋って言う感じでもないし、定食屋なんて閉まってるやろし・・・ 取りあえずラーメンかなって事で、目に付いたのが『桂華ラーメン』さんの看板。
通りまで豚骨臭が漂ってます。客が入ってなかったんで、若しかして旨くないの!?って思いましたが、背に腹は代えられません。

桂華ラーメン外観

取りあえず入店します。カウンターでメニューを。熊本ラーメンって初めてなのよね

桂華ラーメンメニュー

初めてなんでラーメンかな。カウンターにあるトッピングは博多ラーメンと同じです。

桂華ラーメン ラーメン

お出ましになりました^^ お決まりのスープから。豚骨臭はあまりしませんが、旨いやん。思ったほどこってりもしておらず意外とあっさり。麺は博多ラーメンと比べて少し太めですが、しっかりスープに絡みます。チャーシューにも味付けされており旨いです
トッピングをニンニクチップ加えてみると、香ばしく更に良い感じ。豚骨ラーメンを食べ慣れない関西人にも受け入れられます。サクッと戴いて翌日からの仕事に備え、コンビニでとアテ買って帰りましょう

翌朝、目覚めてカーテンを開けると、とんでもない光景が・・・

いつぞやの熊本雪景色

なんじゃこりゃーーー 京都でも雪積もってないでぇーーー

住所:熊本県八代市本町1-6-11
TEL:0965-32-3353
営業時間:11:00~02:00(お昼の定食は 12:00~15:00)
定休日:無休

http://www.hotpepper.jp/strJ000878987/map/

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

そば処 にし村

近場で昼ごはん ってことで『そば処 にし村』さんへGO ここって駐車場狭いのよね 駐車場はお店東に面して4台分あります。

そば処にしむら外観

ちょうど昼だったので、ほぼ満員。奥の4人掛けテーブルへ。さて何を戴きましょう。

そば処にしむらメニュー

天ぷら定食の玉丼(小)をお願いします。暫く待ってると、4人連れのお客さんが来店され、2人で来てた私たちは一番奥の2人掛けへ移動させていただきました。

そば処にしむら天ぷらそば定食

大ぶりの海老がどーーーんっとのっかってます 色は薄めですが、出汁はしっかり利いており、ええ塩梅です。
蕎麦はちょっと茹で過ぎ感もありますが、香も良く、細めで喉越しはええですね。
玉丼は小ぶりですが、卵がとろっとろです。近くの蕎麦屋が減っていく中、生き残っている貴重なお店です。

久しぶりにお邪魔しましたが、変わらぬ味に大満足してお店を後にしました。

住所:向日市寺戸町中ノ段18-8
TEL:075-932-7579
営業時間:11:30~1500  18:30~20:00
定休日:火曜・月曜夜

http://www.hotpepper.jp/strJ000848275/map/

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

中華そば つたふじ 本店

尾道ラーメンの双璧と言えば、『朱華園 本店』さんと『中華そば つたふじ 本店』さんでしょ。
そのなかでも、つたふじは、屋台から始まり50年以上の歴史をもつ尾道ラーメンの店。
個人的にはつたふじのほうが好きですね 無愛想な店主と口の悪いおばさん(奥さん?)とバイトのねーちゃんで切り盛りされていて、接客の評判は今一ですが・・・
昔、中国地方が水不足で騒ぎになっていたころに朱華園へ始めて行ったのですが、食器洗う水を削減するために発泡スチロールの丼で出されたイメージが強く印象に残っているためです。美味しいのは間違い無かったのですが、つたふじは普通の丼でラーメンを提供していましたから。

しまなみ海道が開通して、尾道への観光客が増え、ご当地ラーメンブームの影響もあり、並ばずに食べることができなくなったのはすごく残念です。11:00開店なので、少し早めに市営久保駐車場へ車をぶち込み、お店まで歩きます。並んでるやろか?? 一番乗りでした 暖簾を出てきましたんで開店まで間も無くでしょ。

つたふじ 外観

一番乗りで一番奥のカウンターへ案内されました。なんと大将のまん前やん いつもの中華そば並でオーダー。カウンターにおにぎりといなり寿司が置いてあるのはいつもの光景。間も無くラーメンが出てきました。

つたふじ 中華そば並

先ずはお決まりのスープから。動物系と魚介系で醤油ベースのあっさりとしたお味。見た目ほど醤油辛くも無く旨みも十分。いつもながらスープが熱々なんです。表面に背脂ミンチがタップリ浮いており、この脂の幕がスープをいつまでも冷めさせません。麺はストレートの細麺でつるっと戴けます。チャーシューは相変わらずパサパサで噛み切りにくく、メンマのほうは味薄め。トータルバランスでは合格だと思います。込んでる時は何人分かの麺ををまとめて茹でるので、加減が滅茶苦茶な時も有るんですが、開店直後はそんなことはありません。

昔はもっと美味しかったイメージが残ってるんですがねぇ・・・ 同じスープで中華うどんもありますんで、今度はうどんで行きますわ。
並は¥450やったんですが、¥500に値上げされたんですね。(かなり行ってませんので・・・)

朱華園同様、賛否の激しい店で味よりも店に対してかなり評価が落ちているようですが、それでも毎週のように大勢の客が列を作っているのには、それなりの魅力があるのでしょうね。

住所:広島県尾道市土堂2-10-17
TEL:0848-22-5578
営業時間:11:00~19:30(閉店)
定休日:火曜日

http://rp.gnavi.co.jp/3007028/

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

西国十六番札所 音羽山 清水寺

六波羅蜜寺を後にし、東山通りを南下。オフシーズンとはいえ観光スポットなので、清水坂からアプローチ。
1Kmほどの道のりですが、結構ハードな上り坂 なんとか仁王門へ到着。

清水寺 仁王門

一休みして仁王門から入山。

清水寺⑥

西門と三重塔を見上げ、さらに本堂を目指して上っていきましょう。

jpg⑤

轟門の手前で拝観料を支払い、門の左側にある、梟の手水鉢で手と口を清めます。この手水鉢、竜の口から水が流れているのですが、何故に梟の手水鉢

清水寺 梟の手水鉢2
清水寺 梟の手水鉢4

答えは手水鉢を支えている台座に梟が彫刻されていました。

さて、本堂へ向かいましょう。轟門を潜ると弁慶が使っていたと言われる大錫杖と鉄下駄が展示されていました。
大錫杖は長さ2.6メートル重さ96キロ、鉄下駄は1つで12キロとか。鉄下駄を持ち上げようとしましたが・・・無理
本堂へ向かうと、右手には有名な清水の舞台が見えてきます。昨年、どこかのTV番組で舞台設営に関する話を放送されていた事を思い出します。信仰が集まりすぎ、お参り訪れる参拝者が増えてしまった結果、信者を収納するために舞台が造られたとか。そして舞台が先へ行くほど傾斜しているのは、振った雨水が舞台に貯まらない様に、また舞台を支えている柱に水がかからない様にと考えて造られたそうです。

本堂でお参りし、御朱印を戴いた後、音羽の滝へ向かうことに。音羽の滝なんて小学校の遠足以来やん
急な階段を下ると、音羽の滝付近には行列が せっかくなんで並んで待ちます。ようやく順番が廻ってきて柄杓を取ろうと見てみますと、紫外線殺菌装置があるではないですか こんな所でも衛生管理には気を付けているんだ感心しました。

もう一度本堂方面へ戻ろうかと思いましたが、階段は一方通行と書かれており、仕方なく舞台の下を廻って下山することに。

清水寺④
清水寺⑧

『松風や 音羽の滝の 清水を むすぶ心は 涼しかるらん』

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

西国十七番札所 補陀洛山 六波羅蜜寺

満腹の腹を抱えて円山公園駐車場へ。東山通りを徒歩で15分ほどで、今日の目的地補陀洛山 六波羅蜜寺へ到着。

六波羅蜜寺正面

本堂正面の入口は閉鎖されてます。

六波羅蜜寺案内

六波羅蜜時

天暦5年(951)醍醐天皇第二皇子光勝空也上人により開創された西国第17番の札所。
当時京都に流行した悪疫退散のため、上人自ら十一面観音像を刻み、御仏を車に安置して市中を曵き回り、青竹を八葉の蓮片の如く割り茶を立て、中へ小梅干と結昆布を入れ仏前に献じた茶を病者に授け、歓喜踊躍しつつ念仏を唱えてついに病魔を鎮められたという。(現在も皇服茶として伝わり、正月三日間授与している)
現存する空也上人の祈願文によると、応和3年8月(963)諸方の名僧600名を請じ、金字大般若経を浄写、転読し、夜には五大文字を灯じ大萬灯会を行って諸堂の落慶供養を盛大に営んだ。これが当寺の起こりである。
上人没後、高弟の中信上人によりその規模増大し、荘厳華麗な天台別院として栄えた。平安後期、平忠盛が当寺内の塔頭に軍勢を止めてより、清盛・重盛に至り、広大な境域内には権勢を誇る平家一門の邸館が栄え、その数5200余りに及んだ。寿永2年(1183)平家没落の時兵火を受け、諸堂は類焼し、独り本堂のみ焼失を免れた。
源平両氏の興亡、北条・足利と続く時代の兵火の中心ともなった当寺はその変遷も甚だしいが、源頼朝、足利義詮による再興修復をはじめ火災に遭うたびに修復され、豊臣秀吉もまた大仏建立の際、本堂を補修し現在の向拝を附設、寺領70石を安堵した。徳川代々将軍も朱印を加えられた。
現本堂は貞治2年(1363)の修営であり、明治以降荒廃していたが、昭和44年(1969)開創1,000年を記念して解体修理が行われ、丹の色も鮮やかに絢爛と当時の姿をしのばせている。

本堂をお参りし、御朱印を戴くために列へ。2列になっていたので右側に並んだのですが、どうも様子が違うので左側へ並び直しました。なにやらこの列も様子が違う。最前列の方が御朱印を戴いても次の方が窓口まで進まないのです。まさか・・・そうなんです、立ち止まってる一団の後ろに並んでいたのです
そそくさと窓口へ向かい、無事の御朱印を戴きました。その後、境内を散策してみました。
六波羅蜜寺本堂
六波羅蜜寺本堂②
六波羅蜜寺 一願石

ひとつの願い事を、祈りを込めながら金文字から手前に3回まわすと、願い事をかなえてくれる一願石という不思議な石があります。早速回して見ましたが、相方が途中で止めて自分で回し始めてしまったので、私の願いは叶わないでしょう・・・・ そう言えば、本堂のお参りの際も、ご縁がありますようにと5円玉をお賽銭にしたのですが、奴は便乗してましたね。

さて、次の目的地へ向かいましょう

重くとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

インド料理&バー アジャンタ 京都店

西国三十三箇所巡礼京都編。目的地へ行く前に腹ごしらえしに『インド料理&バー アジャンタ 京都店』さんへ。二度目の訪問です。

アジャンタ外観②

うわっ、並んでるやん 普通なら諦めて違う店に行くのですが、1組だけだったんで並びましょう
店内から店員さんが出てきて「お二人ですか?どうぞ中へ」って案内されて一番でかいテーブルで合席に。
さて、今日はなに喰おうっかな。

アジャンタメニュー

前回と同様でBランチで、マトンとバーターチキンのカレーをナンでオーダー。程なくスープとサラダが運ばれてきました。

アジャンタ スープとサラダ1

ニンジンとトマトのスープはスパイシーで旨いんです しかし、このスープポット欲しいわぁ
暫くすると、「席変わっていただけませんか?」と店員さんが。そう言えば、前回も同じ様に言われたよな
って事で前と同じ入口の2人テーブル席へチェンジ。指定席かよっ

アジャンタBランチ②

来ました、Bランチ。タンドリーチキンデカイ  先ずはマトンから戴きます。うぉーースパイシーで旨い。続いてバターチキンを戴きます。マトンがスパイシーなんでバターチキンはマイルドで甘めに感じますが、しっかりスパイスは利いてます。タンドリーチキンは喰い応え抜群。ジューシーで柔らかです。バターナンは表面パリパリ、中モッチリ、少し釜の焦げもあって香ばしく、カレーとの相性は抜群。
普通に喰うとカレーが余ります。ナンはお代わり自由なんで追加をお願いし、相方と半分こ。危うく一人一枚追加になるところでした あーー喰った喰った 私はここがが京都で一番旨いインドカレーのお店だと思っています。因みにスタッフは全員インドの方々です。

ではでは目的地へ移動しましょう

住所:京都市下京区寺町通高辻下ル京極町515-4
TEL:075-352-1427
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00
定休日:無休

https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26000970/

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 
プロフィール

新ちゃん!!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ