新ちゃん!!のきまぐれ

オッサンが日々のきまぐれを綴ります

SUBARU REX VX Twin Charger

昔々の写真を整理しているとこんな写真が出てきました。昔々に乗ってた軽四。
SUBARU REX VX Twin Charger

REX1

高雄パークウェイで撮ったSUBARU REX VX Twin Charger。外観は89年1月に初代Legacyが10万キロ連続走行世界記録達成した2号車がモデル。全て手切りのカッティングシート仕上げです

レガシィ

 実はこの車、恐らく当時では世界に一台しかなかった代物ではないでしょうか なぜって???それは↓

REX2

なっなんと、Super Charger +Turbo Charger のTwin Charger なんです 普通車では日産マーチスーパーターボってのが当時存在してますが、日本独自の軽自動車規格なんで世界で一台は間違いないと思いますよ。当然新車からこんな姿であるわけが無く、Super Chargerを大径プーリーでブーストアップしてたんですが、物足りなくなり、どうせなら誰もやらんことをやろうでって事で連れの車屋と毎夜の如く手作りしてましたね。シェイクダウンで1速が30kmで吹け切り、2速で100km、3速で130kmだったと記憶してます。当時高速では余裕で7Mのスープラに着いて行けましたからね。エキマニからマフラーまで全て手作りのワンオフ溶接品です
結局更なるパワーを求める結果、駆動抵抗になるSuper Chargerは撤去してTurbo Charger のみに仕様変更しましたけど・・・
1回オイル管理サボってクランクメタルブローさせてしまったんですが、ただでは起き上がりません^^1mmオーバーサイズのピストン組みましたから。ざっと558ccですかね。Turbo Charger のみの仕様に改造したあと↓

REX3

若かりし頃の初代実物大プラモデルでした 因みに陸運局で車検は通ってましたんで違法改造ではありませんので。暫く妹2号が乗ってましたが、連れの車屋に引き取ってもらい(捨ててもらいが正解)、群馬のSUBARU社員にドナドナされていったとか・・・ 懐かしい写真の発見でした。

型式:E-KH1
原動機形式:EK-23-Z
水冷4ストロークSOHC(インタークーラー付スーパーチャージャー)
バルブ数:吸気2、排気1
排気量:547cc
ボア×ストローク:76.0×60.0
圧縮比:9.0:1
55PS/6,400rpm、7.4kg·m/4,400rpm

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

ハニーミツバチ珈琲その弐

またしても妹2号からの差し入れ。ハニーミツバチ珈琲の味パンハムたま。サクッと戴きましょう。

ハニーミツバチ珈琲 あじパンハムたまS1
ハニーミツバチ珈琲 あじパンハムたまS2
ハニーミツバチ珈琲 あじパンハムたまS3

ワインのアテに美味しく戴きました ごちそうさまでした^^

住所:大阪府枚方市高野道1-20-10
TEL:072-866-3001
営業時間:9:00~22:00
定休日:無休

http://www.fujiofood.com/shop_search/honey/shop_0487.php

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

第一旭 直営亀岡店

今日は有給消化でお休み 午前中に印鑑証明取りに市役所へ行った帰りに昼飯喰いに『第一旭 直営亀岡店』さんへ。たかばしラーメンで有名な本家第一旭の直営店です。

第一旭 直営亀岡店 外観

昼飯時を外して行きましたが、結構な混雑具合。早速いつもの並麺硬めネギ多めで。

第一旭 直営亀岡店 メニュー
第一旭 直営亀岡店 並麺硬めネギ多め

私の知り得る限りでは、ネギ多目のボリュームの多さは第一旭グループの中でも一番じゃないでしょうか。
先ずは胡椒のみで戴きます。絶妙な茹で加減の硬麺。流石直営店ですね。暫く食べ進めてニンニクを入れて味に変化を出しましょう。うぅーんニンニクとの相性もバッチリですね。最後に辛子ニンニクを少し投入してピリ辛感を出します。三種類のお味の変化が楽しますよ。美味しく戴きました さて散髪しに行こっと。

住所:京都府亀岡市篠町篠埜殿林16-3
TEL:0771-24-7114
営業時間:11:00~03:00(L.O. 02:30)
定休日:無休

http://www.takabashi.com/

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

乙訓旬菜 和み

相方が定時で帰るって事で今晩の晩飯は、いつもお世話になってるバンビオ一番館にある『乙訓旬菜 和み』さんへ。いつも電話してから行くんですが、週初めで雨降ってるから客が少ないと予想して飛び込みで入ってみました。

乙訓旬菜 和み 外観
画像元:ぐるなび

案の定、小上がりに2組先客が居ましたが、カウンターは全て空いてます。大将が「お好きな所へどうぞ」って事でしたが、小上がりはPassして奥のカウンター席へ。さっそく  いつもプレモルなんですが、今日はスーパードライ。ここの付きだしは手作りでめっちゃ旨いんです。さて何を戴きましょうかね。付きだしだけで一杯いけますよ(^_^)ニコニコ

本日のお奨めから、すじ煮込みとれんこんのきんぴらと梅ポテトサラダをとりあえずいっときましょ。
いつもは三種盛りにして我侭聞いてもらってるんですけどね^^

すじ煮込みは醤油が強めですがしっかり煮込まれてトロトロです。れんこんのきんぴらはニンジンと一緒に炒められてます。程好いピリ辛感がビールに合います。梅ポテトサラダは絶妙な梅干風味にポテトサラダに仕上がってて超旨いです。
さて第二段はグランドメニューから京風だしまきを戴きましょ。上品なお出汁タップリのだしまきです。

いつもならベーコンガーリックピザで〆るんですが、相方がどうしてもフライドポテトって言うんでお願いします。
揚げ具合絶妙ですよ。塩加減がケチャップに漬けたときに丁度です。冷めても油っぽくなく美味しいです。

因みに調理は大将一人でやってはりますが、カウンターでお給仕してるのは全て女子です^^

大将、いつも我侭聞いてもらってありがとうございます

住所:京都府長岡京市神足2丁目3-1 バンビオ104
TEL:075-952-6061
営業時間:17:00~24:00(日曜、祝祭日は23:00まで)
定休日:日曜日(月曜日が祝祭日の場合は営業)

http://www.nud.jp/bambio/1ban/tenant05.html

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

SUBARU Legacy RS(14歳のE-BD5C)

平成10年式でセダン最終型の実物大のプラモデル。醍醐寺の駐車場で記念撮影。正面から見るとJZX100系のチェイサーに見えます。前期型の前のおもちゃはR32に見えたそうです(カーショップ〇〇〇の〇辺君談)

BD-5RS

トライアルのフロントバンパー
JPのサイドステップ
トライアルのリアバンパー
CS-TOPのフロントグリル(ブラックアウト)
プローバのフードトップモール(ブラックアウト)
オンザロードのカーボンボンネット
メーカー不明のアイライン(ブラックアウト)
イカリング付ブラックアウトプロジェクターヘッドライト
G-squareのフェンダーモール(カーボン調)
ガナドールのエアロミラー(ブラックアウト)
メーカー不明のクリアサイドマーカー
メーカー不明のリアサイドマーカー
STIのラビットエンブレム(カーボン調)
SYMSエアロワイパー

全て某オークションで手に入れたんで、外装これだけ弄ってもすごくリーズナブルに仕上がってます。
取り付けは、塗装以外すべてDIYなんで工賃は¥0。
フロントバンパー以外は先代からの流用ですのでなおお得。

いつの日かエンジンルームや内装も御紹介しましょう・・・ まぁこんな古い車に誰も興味無いでしょうけれど。

因みに登録前は↓全くのノーマル車。相方からはオッサン車と言われました・・・

BD-5RS3

新旧交代↓旧にはGC8用のアメリカ製社外品大型リアスポが付いてますが捨てました('▽'*)ニパッ♪(驚きの¥9,800)

BD-5RS5
BD-5RS6


ヒロシに代車借りて解体と移植になんだかんだで3週間かかりましたわ。まだまだ移植できてないパーツもたくさんありますけどね。SYMSのアルミとリビルト後3年のパワステポンプと新品から4年のラジエターは保管してもらってます。因みにモレッティの4灯ライトはいまだリペア中っていうか手付かずで放置されてます

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

西国十一番札所 深雪山 上醍醐 准胝堂

さて次のポイント、西国十一番札所 深雪山 上醍醐  准胝堂。ナビセットして向かいます。結構な細い山道。こんなとこに有るんかいなってナビポイントに到着。何もありません・・・間違えたって思いましたが看板が。西国三十三箇所御朱印は醍醐寺下伽羅で受け付けてると 事前リサーチ不足を痛感した瞬間でした・・・ 結構な山道上ったのに 気を取り直して醍醐寺に向かいます。これまたアホナビは醍醐寺南門をデフォルトで示しやがりました。勘で周囲を徘徊し駐車場発見しすべりこみます。

醍醐寺西大門2

金堂へ向かいましょ。

醍醐寺金堂S

現在平成20年8月の落雷が原因による火災によりお堂が焼失したため、下醍醐金堂に、准胝観音を安置しているそうです。 御朱印は22年から下伽羅で受付との事。プレハブでしたけどね・・・御利益あるんでしょうか・・・

で散策。

醍醐寺五重塔S
醍醐寺弁天堂2

『逆縁も もらさで救う 願なれば 准胝堂は たのもしきかな』

さて本日は引きげますか。

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

宇治上神社

しゅばくさんから歩いて数分のところに世界遺産登録された宇治上神社があります。世界遺産というだけで期待感は上りますよね。

宇治上神社1
宇治上神社5
宇治上神社3

創建年代などの起源ははっきりしていない。すぐ近くに宇治神社があり、明治維新前は両方を合わせて宇治離宮明神、八幡社と呼ばれ、宇治神社を下社・若宮とするのに対して、宇治上神社は上社・本宮と呼ばれている。『延喜式神名帳』には「山城国宇治郡 宇治神社二座」とあり、それぞれ宇治神社・宇治上神社を指している。近くに平等院ができるとその鎮守社とされた。

2004年2月、奈良文化財研究所や宇治市などの年輪年代測定調査によれば、本殿は1060年頃のものとされ、現存最古の神社建築であることが裏付けられるとともに、1052年創建の平等院との深い関連性が考えられている。

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

石臼挽き手打ち蕎麦 しゅばく(酒蕎麦)

三室戸寺を後にし、昼飯ポイントへ。宇治って観光地なんで美味しいお店が無いんですよね。
ってことで、『石臼挽き手打ち蕎麦 しゅばく』さんへ。契約駐車場があるんですが、面倒なんで斜め向かいのコインパーキングへ。11:30開店なんで開店直後に到着。お客さんは誰も居ません。読みは的中。入店後、続々とお客さんが来て、あっという間に満員御礼。

しゅばく外観2

メニューからざるとかやくご飯を、相方は辛み大根おろしをお願いして待ちます。

しゅばくざる+かやくご飯2

極細の十割蕎麦です。普通はつなぎが無ければブチブチに切れてしまうんですが、しっかりと結合してます。蕎麦のみ戴いても切れることなく、歯応えもあります。汁は利尻島で天日干しし、熟成された天然の利尻昆布と竿釣りした鰹を昔ながらの方法で手作りされた薩摩産の鰹節。静岡産の本わさび、信州産他の辛味大根と素材に拘ってます。ほんまおいしかったですわ。蕎麦湯もすべて戴きました。

住所:京都府宇治市宇治東内13-1
TEL:0774-22-5470
営業時間:11:30~15:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

http://www.eonet.ne.jp/~shubaku/index.htm

さて次のポイントへ移動しましょ。

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

西国十番札所 明星山 三室戸寺

天気も最高なんで久しぶりの西国三十三箇所巡礼へ出かけましょう。宇治の明星山 三室戸寺へ向かいましょ。なんでか判りませんがナビが遠回りさせますが到着。

宝亀元年(770年)光仁天皇の勅願により南都大安寺の僧行表が創建したものという。創建と本尊に関しては次のような伝承がある。天智天皇の孫にあたる白壁王(後の光仁天皇)は、毎夜宮中に達する金色の霊光の正体を知りたいと願い、右少弁(右少史とも)藤原犬養なる者に命じて、その光の元を尋ねさせた。犬養がその光を求めて宇治川の支流志津川の上流へたどり着くと、滝壺に身の丈二丈ばかりの千手観音像を見た。犬養が滝壺へ飛び込むと1枚の蓮弁(ハスの花びら)が流れてきて、それが一尺二寸の二臂の観音像に変じたという。光仁天皇がその観音像を安置し、行表を開山として創建したのが当寺の起こりで、当初は御室戸寺と称したという。その後、桓武天皇が二丈の観音像を造立、その胎内に先の一尺二寸の観音像を納めたという。

三室戸寺山門S

山門を潜って本堂へ向かいましょう。

三室戸寺本堂

6月~7月なら紫陽花が、7月~8月なら蓮が綺麗に咲いているそうですが、今の時期は何も有りません。
手水鉢で手と口を清めて本堂をお参りしようと思いましたが、手水鉢の水が止められていてできませんでした・・・
本堂のお参りを済ませ、納経所で御朱印を戴いた後、しばし散策を。

三室戸寺鐘楼他2

宝勝牛がくわえている牛玉の観音様に触れると、勝運に恵まれるといいます。
いっぱい触って来ましたんで良い事があればええんですけどね。

『夜もすがら 月を三室戸 わけゆけば 宇治の川瀬に 立つは白波』

さて昼飯喰いに移動しましょう。

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 

急行きたぐに

3/17ダイヤ改正で定期運用から寝台特急日本海と共に離脱することが発表されました。なんでも乗車率が低いとか。この列車のルーツは、1961年金沢~新潟間の急行。1963年に運転区間を大阪まで延長。1968年には越後と改称されるものの、大阪~青森間の急行日本海きたぐにと改称。1982年には運転区間が大阪~新潟へ短縮される。
私が始めて乗ったのは中学のときでしたかね。当時は12系座席車に10系寝台車が繋がれ、直流区間はEF58が牽引してました。今から思えばええ味出してましたね。その後、1982年に14系化され、1985年に現在の583系で運用開始されました。
私が始めて乗車したときは↓のような12系座席車+10系寝台車の編成でした。

きたぐに大阪駅前EF58
きたぐに大阪駅後3

出張でちょくちょく使ってた頃は↓既に583系化されてましたが国鉄色です。

きたぐに大阪駅後2

シュプール号と共通運用時はこんなカラーリングもありました↓。

きたぐに大阪駅前3

御存知の通り、現在のカラーリングは↓

きたぐに大阪駅前2

ラストランまで3週間切りましたが、また1つ大阪口の夜行列車が無くなるのは寂しい限りです・・・

因みにサボコレクションには旧客時代と現行のものと保有してます。旧客時代のものは、初乗車時に車掌さんに頼み込んで戴いた逸品、現行のものは某オークションで手に入れたものです。

きたぐに
きたぐにB寝台
きたぐにA寝台

よろしければ、ポチッと押してやってください  恥ずかしながらBLOG RANKINGへ参加しております
↓↓↓

 
プロフィール

新ちゃん!!

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
月別アーカイブ